愛車ノアで子連れ車中泊!5人家族で快適な旅へ出る

我が家は5人家族。旅行が好きですが、この人数でホテルに泊まると結構な出費になりますよね。

「お金は無いけど、旅行へ行きたい!」

そんなことをずーっと考えて、ひらめいたアイデア。それが「車中泊」でした。

愛車はトヨタのノア(NOAH)。中古で購入した70系型(2008年モデル)8年落ちの車です。

それで、実際に車中泊を今年の夏から試したのですが…。予想以上に楽しく、そして節約できることが分かったのでご紹介したいとおもいます。

こちらの記事もオススメです!

スポンサーリンク

 

車中泊をする4つのメリット

1.宿泊費が無料!

なんといっても、車中泊の最大のメリットは宿泊費を節約できることですね。我が家の場合、家族5人で宿泊すると、食事なしでも2万円くらいはかかります。

車中泊では、「道の駅」や「サービスエリア」など24時間、無料で開放している駐車場で寝泊りします。キャンプ場だと1日2,000円くらいかかってしまいますが、無料施設を利用することで大きく節約することができます。

2.時間や場所に縛られない

ホテルや旅館に泊まると、チェックインやチェックアウト、夕食、朝食の時間が決まっていますよね。

「夕食に間に合うように16時までにチェックインしないと・・・」

と楽しい旅行も、いつのまにか時間が束縛されてしまうものです。

車中泊だと時間を気にしないで好きな時に好きな場所へ行くことができます。夕食だって外で食べたほうがよっぽど安上がりでおいしいものが食べられたりします。

温泉だってホテルのよりも、源泉の銭湯に入った方が気持ち良いです。

こちらの記事もオススメです!

3.思い立ったらすぐいける

ホテルを予約する必要がないので、アポなしで急きょ旅行へ出かけることができます。

特に子供が小さいと、急に風邪を引いたりしてドタキャンになることもしばしば。ホテルだとキャンセル料がかかるので損をしてしまいますが、車中泊ならそんなリスクも回避できます。

「今週がダメなら来週行けばいいや~」と気楽に考えられます。

こちらの記事もオススメです!

4.家族との時間が増える

実際に車中泊をやってみて「いいなぁ!」と思ったのが家族との時間。家だとついテレビを見たりスマホをやったりと家族バラバラに行動しがちですが、車中泊だと広くない車内に明かりをともしてワイワイ話をしながら楽しめます。

子どもにとっては秘密基地のような気分でテンションアゲアゲです(笑)

車内が広くない分、身動きがとりにくいデメリットもありますが、それはそれで楽しめます。

スポンサーリンク

 

こちらの記事もオススメです!

車中泊で気を付けたい3つのこと

1.マナーを守る

我が家の場合、車中泊はおもに「道の駅」を利用しています。24時間無料でトイレも使えるので車中泊には最適な場所です。

ただし、「道の駅」は表向きにはあくまで「休憩所」として分類されています。そのため長期滞在はグレーゾーンではありますが、管理者さんの行為で使わせてもらっているのが現状です。

なのでゴミを散らかしたり、捨てていく行為は避けたいところです。また、できる限りお礼の気持ちを込めて、車中泊した道の駅で買い物をすれば◎ですね。

また、道の駅では駐車場でのガスコンロの使用ややイス、机を広げることは他の利用者の迷惑になるので禁止されています。

一部マナーの悪い人がいるのも事実で、車中泊禁止の道の駅も増えてきた印象があります。みんなでマナーを守って利用させてもらいたいですね。

2.戸締りをしっかりする

車中泊で気を付けたいのは戸締りです。寝る時は車のか鍵をロックしてから寝ましょう。

セキュリティーアラームを搭載している車両の人で、寝返りをした振動で夜中に「ビービー」音を鳴らしてしまうことがちらほら見かけます。

夜中になるとけっこうあせりますよね(笑い)可能な限りであればアラーム解除しておきましょう。

3.無理をしない

車中泊の良いところは「いつでも」、「どこでも」好きに行けることです。時間があれば遠出をして何泊もできます。

が、車中泊も慣れないと疲れがたまってくるものです。疲れたときは無理をしないでホテルや旅館でのんびりするのも大切です。

無理をしないで旅行を楽しみましょう!

こちらの記事もオススメです!

スポンサーリンク

 

 \東北行くなら那須高原へ行こう!/

那須高原は日本で有数の美味しいパン屋・ベーカリーの激戦区です。 我が家もパン屋・ベーカリーを目指して那須高原に行きます。 今回は...
東京からいける高原リゾートといえば「軽井沢」が有名ですが、我が家は断然、「那須」派です。 理由は、 気取らずに自然を楽しめる...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする