車中泊の必需品はこれ!~わが家の定番オススメ11アイテム~

5人家族の我が家が車中泊をはじめて1年半ほど経ちました。

月に1泊〜2泊を2回ほど行っているので、合計で40泊〜50泊ほど車中泊をしている計算です。

これまで試行錯誤でいろいろな車中泊アイテムを購入しましたが、ある程度「外せないアイテム」が確立してきましたのでご紹介します。

車中泊に必ず持っていくアイテム

我が家が外せないアイテムはこの10個です。

  1. カーテン
  2. 携帯扇風機
  3. ウインドーネット(網戸)
  4. 掃除機
  5. Wi-Fi(WiMax)
  6. タブレッド
  7. LEDライト
  8. 寝袋
  9. 2段ベット
  10. 敷布団

1.カーテン

カーテンは車中泊で必須中の必須アイテムです。

道の駅もサービスエリアも夜中に電灯が付いているので結構明るいんですよね。

それに寝ているところを外から丸見えだと、プライバシー的にもセキュリティー的にも不安になります。

寒い日は外気温を遮断する効果もあるので、カーテンは必需品です。

ちなみに我が家のカーテンはアマゾンで購入しました。4000円ほどです。

2.携帯扇風機

携帯の扇風機は夏場に限らず涼しい日も良く使います。

それは車内にどうしても空気がこもってしまうから。

もわーっとしていると不快で寝にくいんですよね。

窓を少し開けてそばに扇風機をおくと、外の新鮮な空気を車内に取り込んでくれるので空気が循環します。

VersionTek usb扇風機 卓上ミニファン 携帯扇風機 電池/usb給電 3段階風量調節 コードレス 黒 …
VersionTek

我が家は2個保有しています。

3.ウインドーネット(網戸)

2の扇風機と同じですが、夏場に限らず空気を循環させるために常に網戸を装着しています。

虫が苦手な我が家も網戸があれば安心。新鮮な空気を取り込むことができます。

4.掃除機

充電式のハンドクリーナーを携帯しています。

車中泊では車内で食事をとる場面も多く、子どもがよくこぼします。

ささっと散らばったカスを吸い取るのに便利です。

Homasy ハンディクリーナー ハンディ 掃除機 充電式掃除機 コードレスクリーナー 掃除機 コードレス カークリーナー 車用掃除機 乾湿両用 静音操作 ブラック グレー 改良版 超強吸引力 多機能 小型掃除機 パワーブラシ ドライハンディークリーナー 最大持続時間30分
Homasy

5.Wi-Fi(WiMax)

道の駅でもフリーWi-Fiがつかえる施設もありますが、まだ一部のみです。

我が家は幸いにも自宅でホーム型のWiMAX(Speed Wi-Fi HOME L01/L01s)を持っていたので、これを車に持ち込んで利用しています。

山間地などはつながりませんが、体感的に80%くらいの地域で接続できているとおもいます

無制限のWi-Fiがあると、スマホで検索はもちろん、子供のゲームや映画、音楽も楽しめちゃいます。

UWIMAXならUQモバイル

ちなみに、家庭用コンセントを車内で使うのに、このカーコンセントを愛用しています。

電圧が40Wまでなので、それほど大きな機器は使えませんが…。

WiMAXとスマホ充電なら問題無く同時に行えますよ。

6.タブレッド

長距離ドライブで子どもが飽きてしまったときにタブレッドが役にたちます。

YouTubeをみたりゲームをしたり。

動画配信の会員であれば、映画や音楽も楽しめるので飽きさせません。

ちなみに我が家が購入したタブレッドはアマゾンのFire 7 タブレット (7インチディスプレイ) 8GBです。

6千円と格安のタブレッドですが、性能は申し分なし。

ネット検索やゲームのダウンロードも問題なくできてこのコスパ。本当にすごい。

買ってよかったです。

7.大容量バッテリー

あると便利な大容量バッテリー。

スマホの充電はもちろん、夏は扇風機、冬はホットカーペットの電源に利用できます。

10万mAh以上の電圧があるバッテリーがあると重宝します。

扇風機なら1回の充電で2〜3日、ホットカーペットなら一晩使うことができます。

価格は3万円〜4万円とやや高価ですが、災害時のバッテリー対策にもなるので買って損はないアイテムです。

8.LEDライト

携帯用のLEDライトを2つ持っています。

本当はランタンのように明るい電球があると良いのでしょうが、車内が狭いこともあり現状はLEDライト2個でことが足りています。

9.寝袋

寝袋は、早朝の気温が20℃を下回る季節で使用します。

高原や山間部は標高が高いので、日中暑い日でも意外と朝方寒かったりするんですよね。

我が家はOhuhuの 寝袋 を2セット保有しています。

2つの寝袋がファスナーで一体化しセミダブルの大きさとして使用できます。

ここに大人2人と2歳くらいの子どもであれば、余裕で寝ることができます。

最初はセミダブルで使用していましたが、今はファスナーを外して2枚にして掛け布団代わりに使っています。

15℃を下回る日は、これにプラス毛布を使用しています。

10. 2段ベット


子どもが大きくなってからは自作の2段ベットがかかせません。

2段ベットの作り方は、次のページを参考ください。

詳しくはこちら

11.敷布団

敷布団を敷いている写真がなかったので、また次回に撮ってきます(笑)

敷布団は車のシートのデコボコを解消し寝やすくする意味合いもあります。

敷布団だけではデコボコは解消しきれないので、その下にクッションなどを敷くとさらに良いでしょう。

詳しくはこちら

買ったけどあまり使わないアイテム

ここからは番外編。

「便利そう!」と思って購入したものの、まったく使っていないアイテムもありますのでご紹介します。

1.電気ポット

カップヌードルや味噌汁を食べるときに便利そうと思いましたが、スーパーやコンビニでお湯が備え付けられているんですよね。なので使用する場面がなくお蔵入りに。

それに電源がシガーソケットなので、エンジンをつけている状態でしか使用できません。

我が家はシガーソケット近くにWi-Fiが足元にあるので、走行中にお湯が溢れたら嫌だなーという理由もありますね。

メルテック あったカーケトル(1L) DC12V オートストップ機能・空焚き防止機能付 Meltec CK-673
大自工業/メルテック (meltec)

2.フロント用の網戸

スライドドアに網戸は使用していますが、スライドドアは半分しか窓が開かないんですよね。

なので助手席・運転席の窓に網戸が付けられると便利なのですが。。

どうもサイドミラーが邪魔をして網戸とボディに若干隙間ができて蚊が入ってくるんですよね。。

もしかすると我が家の使用方法が間違っているかもしれませんが。

まとめ

我が家の車中泊も、まだ試行錯誤の真っ最中。今回ご紹介したのは「1年半」の経験に基づくものです。

今後、「こんな良いアイテムあったよ!」と言うときは随時更新します。

車中泊を考えている方の参考になればうれしいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする