国道4号線で東北へ車中泊!〜道の駅を楽しみながら下道ドライブ〜

我が家の旅行では、基本的に高速を使わずに下道で移動します。

特にオススメのルートは国道4号!

上手に利用すると、高速代が0円になるだけでなく、その土地どちの空気や食を楽しみながらドライブできます。

東京〜那須高原くらいの距離なら、国道4号でぶらり旅をしてみませんか?

スポンサーリンク

 

国道4号とは?

国道4号とは、東京都中央区日本橋〜青森県青森市までつなぐ一般道です。

その長さはなんと855km!

日本一の長さを誇る国道(バイパス)です。

一般道だけど高速道路のようなバイパス

国道4号は都内〜春日部までは終日渋滞する区間です。

ですが春日部を超えたあたりから、車も減り道幅も広くなります。

片道2車線で信号が少ないこともあり、スイスイとスピードが出ます。

特に夜は車の数も少ないので、100km/hくらい出ている車も。。。

(経験的に80km/hまでなら捕まらない)

スピードの出し過ぎに注意しましょう!

国道4号沿いにある道の駅が面白い!

高速道路のサービスエリアだと、どこを寄ってもそれほど違いがなくてつまらないですよね。

国道4号だとその土地どちの「空気」を楽しみながらドライブできます。

特にオススメは道の駅。

国道4号沿いだけで11箇所の道の駅があります。

我が家は埼玉〜栃木までドライブすることが多いので、埼玉の「庄和」、茨城の「ごか」、「こが」、栃木の「しもつけ」をよく利用します。

  • [茨城県] 庄和
  • [茨城県] ごか
  • [茨城県] まくらがの里こが
  • [栃木県] しもつけ

土日の日中は結構混雑しますが、出店やイベントも頻繁に行われているので飽きることなく楽しめます。

それと地元の野菜や果物が買えるのは新鮮で嬉しいですよね。

子連れのイチオシは栃木県の「しもつけ」です。

ここに平野が一望できる展望台「物見塔」があり、滑り台もあるので楽しめますよ。

出展:道の駅しもつけ

スポンサーリンク

 

道の駅で車中泊をする!

<出展:友愛の森

我が家のお目当の行き先は栃木県の那須高原!

高速だと片道2時間ほどですが、国道4号だと4時間(夜間走行)。

距離で言うと約150kmくらいです。

那須高原エリアにもいくつか道の駅がありますが、子連れの車中泊でオススメなのは「道の駅 那須高原友愛の森」。

車中泊の利用者も多く、治安も良くとても静かな場所です。

標高は470mなので平地より3度ほど低いため、夏場も涼しく過ごせます。

上の写真は土曜日の朝6時くらいの光景です。けっこうたくさんの車が止まっています。

大型連休だと止める場所が無いくらいいっぱいになる人気エリアです。

夜中も人の出入りが多いのでトイレに行くのもそれほど怖くはありません。

友愛の森は敷地が広くて子どもが遊べる広場もあります。

朝起きて誰もいない広場で、のびのびと遊ぶのも開放的で楽しいです。

車中泊をするときに気をつけたいこと

車中泊で一番の楽しみは、都心では得られない朝起きた時の開放感!

小鳥のさえずりで目を覚めて、綺麗な空気で思いっきり深呼吸する時が一番の贅沢です。

ただ、車中泊をさせていただく道の駅は、施設運営社の善意で駐車場が解放されてます。

施設の利用規約は守ることはもちろん、道の駅で売られている野菜や総菜を購入して貢献できるよう努めることも大切ですね。

こちらの記事もオススメです!

スポンサーリンク

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする