運動後の食事が「おいしい〜!」と感じる理由を簡単に説明します

僕は夕食を食べ過ぎないよう抑えるために、30分のランニングをしています。

ランニングをすると、ホルモン分泌の影響で「食べ過ぎ」を抑えることができるんですよね。

【簡単・おすすめ】夜ご飯の前ランニングで過食を抑えるダイエット術

ランニングで汗をかいてストレスを発散できるので、無理なく「ストレス喰い」をやめられます。

ランニング後に夕食をとるメリットは、それ以外にも「味覚の変化」にあります。

ランニングの前と後だと、「うまい!」の感動が2倍くらい多く感じるんですよね。

なぜ運動後のご飯やお酒は美味しいのか?

今回は「味覚メカニズム」についてご紹介します。

スポンサーリンク

 

味覚の5大要素

「味覚」というのは次の5つから構成されています。

  • 甘味・・・砂糖、ケーキ、チョコレート
  • 塩味・・・塩、醤油、味噌汁
  • 酸 味・・・酢、レモン、梅干し、
  • 苦味・・・コーヒー、ビール、
  • 旨味・・・かつおぶし、こんぶだし

運動で味覚は変化する

仙台大学の学会報告「身体運動が味覚に与える影響」によると、あることが分かりました。

それは、『運動後は味覚が低下した状態になる』ということ。

味覚が低下するというのは、普段より味が濃く感じられるという状態です。

また、味覚の5大要素の全てにおいて、同じ効果でした。

ちなみに運動は、有酸素運動(ランニング、ウオーキング、水泳など)や無酸素運動(筋トレ)のどちらでも、ほぼ同じ結果であるとのこと。

運動やサウナの後やに飲むビールは「うまい!」って感じますよね?

それは味覚の変化が影響しているってことです。

なぜ運動後は味覚が変化する?

運動することで体の栄養素が減少し、「体が欲している状態」になるためです。

例えば運動すると汗をかきますが、汗をかくと体内の塩分も一緒にが放出されますよね。

体の塩分が不足するので、摂取すると『体が喜ぶ=美味しい』になるメカニズムです。

睡眠欲や性欲もそうですが、体って自分がしてほしいことを満たすとアドレナリンを出して「幸せ〜」ってなりますよね。

食欲も同じで、5大要素がそれぞれに「幸せ〜」をアピールしているってことですね。

スポンサーリンク

 

味覚の変化を利用して「食べ過ぎ」を抑える

冒頭で少しお話しましたが、僕は夕食の食べ過ぎを抑えるために、食前にランニングをしています。

ランニングをすると食欲が減るメカニズムはこの3つです。

  • 食欲を刺激する「グレリン」という胃に分泌されるホルモンが抑制されるため
  • 「ペプチドYY」という腸管のホルモンも抑制される
  • 運動により血糖値があがるため胃にエネルギーが行かない

つまり食前にランニングすることで、「食べる量を減らせる」、「うまい!が倍増」の2つの効果を得られます。

夕食は就寝の2〜3時間前に取るのが理想といわれますが…。

なかなか時間がとれないですよね。

ましてや僕のように「食べる」ことで1日のストレスを発散するタイプは、食べる量を減らすこと自体が拷問に感じます。(笑)

ダイエットを成功させるポイントは「無理なく持続できる」ことです。

夕食前のランニングは、無理なく続けられるダイエット方法なのでオススメです。

【簡単・おすすめ】夜ご飯の前ランニングで過食を抑えるダイエット術

スポンサーリンク

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする