MTBにサイクロコンピューターを装着!センサーの設置が難しく苦労

MTB(マウンテンバイク)にサイクルコンピューターを取付ける方法をご紹介します。

「なんだって?!そんなの簡単だろ!」

って思うかもしれませんが、マウンテンバイクのサスペンションフォークは太くて、スピードセンサーの取付けが大変なんですよね。(汗)

私も取付けに苦労したので、備忘録ながらその方法を紹介します。

取り付けた機種

今回取付けたサイクロコンピュータはキャッツアイの「ベロワイヤレス」です。

売値3000円くらいの安価でかつ人気機種です。

上位機種だとGPSや心拍数計測の機能なんかついてますが、値段が高い。1万円以上するんですよね。

しかも多機能って最初は面白いんですけど、飽きて次第に使わなくなるんですよね。

単純に「スピードだけ測れれば良い!」という方は、ベロワイヤレスが断然お勧めです。

ちなみにベロワイヤレスは無線式だから取付けも簡単ですよ。(センサーの取付けに苦労しますがw)

スピードセンサーの取付け方

サイクルコンピューターの取扱説明書には、設置に際して次の2点が記載されています。

  • スピードセンサーはフロントフォークのできるだけ上部に取付ける
  • スピードセンサーとマグネットは5mm以内

<参考:キャッツアイ 取扱説明書>

マウンテンバイク(MTB)の場合ですが、フロントフォークの上部に取付けると、フォークとタイヤのすき間が広すぎて5mm以内を達成できません。

なので、必然的に下部での設置になります。

私のマウンテンバイク(ビアンキkuma27.3)の場合、取付け位置はここになります。↓

下部というか、もう、ほぼ下ですね(笑)

横からみるとこんな具合です。↓

大分フロントフォークの下部に設置していますが、まだ5mmまで近づけません。

なので、センサーをできるだけマグネットに近づけるよう角度を調整します。

なお、センサーとフォークの間に挟む「センサーゴムパッド」が付属しているのですが、フロントフォークが太すぎて使えなかったため使用していません。

2本のナイロンタイで固定するのですが、振動でセンサーの位置がずれてしまいます。

なので、接着剤でナイロンタイとセンサーを留めることでズレを防止しました。

裏から見るとこんな感じです。↓

ちなみに、タイヤサイズは27.5インチ。サイクルコンピューターのタイヤの周長は「219」で設定しました。

この周長で誤差0.1㎞/h〜0.3㎞/hくらいの体感です。

センサーの反応がわるいとき

センサーが不規則に反応しなかったり、計測できなかったりする場合は、しっかりセンサーが反応していません。

そんなときは、100円均一で売っている「超強力マグネット」がオススメ。

この超強力マグネットをセンサーのマグネットに取り付けると、反応がグンとよくなります。

私は念のために、マグネット同士に接着剤でくっつけていますが、磁力が半端じゃないので接着剤は不要かもしれません。

ということで無事に装着完了です。

(まとめ)装着はかなり苦労しました

マウンテンバイクのフォークにセンサーを取り付ける方法でしたが、いかがでしたか?

本当に苦労したので、皆さんの参考になれな幸いです。

なお、私だけかもしれませんが、気温が低いとセンサーの反応が鈍いです。(気温2度以下)

あまりにも反応が悪いときは気温も原因かもしれません。

電車通勤を10年以上つづけていましたが、今年から自転車通勤をはじめてみました。 その理由は 電車通勤のラッシュがつらすぎる ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする