2分!googleスプレッドシートでカレンダーを作る簡単な方法

googleスプレッドシート、便利ですよね。

googleスプレッドシートにカレンダーを作成したい人も多いかとおもいます。

標準でカレンダーのテンプレートも用意されておりますが…とても使いづらい。

それは、

  • 土日、祝日に色が付いていない
  • 新しい年度のシートが無い

といった点があるからです。

関数を使いこなせる人なら、簡単なのかな?

私のような一般人は面倒くさい限りです。

で、いろいろ試したところ、これから紹介する方法が非常に簡単に作成できたので、紹介したく思います。

作成にかかる時間は…およそ2分です!

それでは行きましょう!

カレンダーを簡単に作成する2ステップ

はい、先に結論から言うと、この2つのステップで完了します。

  1. フリーのテンプレートをダウンロードする
  2. スプレッドシートにアップロードする

それぞれ解説します。

1.フリーのテンプレートをダウンロードする

エクセル 2019年 カレンダー」で検索すると、たくさんのフリーテンプレートがヒットします。

※「画像」で検索すると好みのテンプレートが発見しやすいのでオススメです。

ちなみに、私のオススメのテンプレートは、Frame illustの「2019年エクセルカレンダー(月曜始まり)」です。

2019年エクセルカレンダー(月曜始まり)

<出典:Frame illust>

Frame illustのカレンダーテンプレートは、土日祝日が色分けされていて見やすい!

それに祝日もしっかり記載されているのがうれしいところ。

もちろん無料です!

2.スプレッドシートにアップロードする

お気に入りのエクセルのテンプレートをダウンロードしたあとは、いよいよスプレッドシートにアップロードします。

「ファイル」タブ→「インポート」をタップし、ダウンロードしたエクセルテンプレートを選択します。

…これで、おしましいです!

ねぇ、簡単だったでしょ??

(まとめ)フリーのテンプレートを使えばなんでもできる!

エクセルは歴史が長くユーザも圧倒的に多いので、役立つ無料のテンプレートがたくさんあります。

このテンプレートをグーグルのスプレッドシートにも使えるよーというお話でしたが、いかがでしたでしょうか?

言われてみると「なーんだ、そんなことか」と思う方がほとんどだとおもいますが、意外と気がつきませんよね。

応用すればカレンダーだけでなく、家計簿や帳票など、フリーの素材を見つけてアップロードできちゃいます。

ぜひ活用してくださいね♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする